その他

LINEモバイルについて詳しく解説しました

 

 

 

 

LINEモバイルはLINEモバイル株式会社が運営しています。
無料通話アプリ「LINE」を提供しているLINE株式会社の子会社です。
(ただし、2018年3月にLINEモバイルはソフトバンクと業務提携しました)

コンセプトとしてはコミュニケーションを重視しており、
LINEの他にTwitterやFacebookなどのSNSをどれだけ使ってもカウントフリーになるサービスを提供しているのが特徴です。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットについて解説いたします。

LINEのID検索が出来る

格安SIMのほとんどはLINEで年齢認証が出来ません。

しかし、LINEモバイルでは年齢認証が出来るためにID登録が出来ます。

これにより知り合いなどの検索や友だち追加がLINE IDで出来ます。

主要SNSがカウントフリー

格安SIMでは大手キャリアには無いサービスとして「カウントフリー」というものがあります。

これは特定のインターネットやアプリを利用する際に通常であれば消費するネット通信量が消費されない、

つまり使い放題になるというサービスです。

LINEモバイルではLINEはもちろんのこと、TwitterやFacebook、インスタグラムなど人気SNSの利用においてカウントフリーになるサービスがあります。

これはLINEモバイルがコミュニケーションを重視しているためだからです。

クレジットカードが無くても契約が出来る

LINEではLINE Payカードというプリペイドカードがあります。

これにより、クレジットカード以外でもLINEモバイルを契約することが出来ます。

料金プラン

LINEモバイルではプランが大きく分けて3つあります。

LINEフリープラン

 

 

LINEアプリの通話・トークがデータ消費量ゼロになります。

データ容量 データ データ+SMS データ+SMS+音声通話
1GB 500円 620円 1,200円

コミュニケーションフリープラン

 

 

LINEに加え、Twitter、Facebook、インスタグラムがカウントフリーになるプランです。
コチラのプランではデータ容量も幅広く選べます。

データ容量 データ通信+SMS  データ通信+SMS+音声通話
3GB 1,100円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

MUSIC+プラン

 

 

LINE MUSICと、コミュニケーション系サービスの主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)がカウントフリーになるプランです。

データ容量 データ通信+SMS  データ通信+SMS+音声通話
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

 

LINEモバイルでの取り扱い端末

LINEモバイルでは以下の端末をセット購入することが出来ます。

  • HUAWEI Mate 10 pro
  • HUAWEI P10
  • HUAWEI nova lite 2
  • ZenFone 5
  • ZenFone 5Q
  • ZenFone Max Plus(M1)
  • ZenFone 4 Selfie
  • ZenFone 4 Selfie Pro
  • ZenFone 4 Max
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • arrows M04
  • GRAND X LITE
  • Blade E01
  • Aterm MP01LN

LINEモバイルのオプション

LINEモバイルでは以下のオプションがあります。

  • 留守番電話:月額300円
  • 割込通話:月額200円
  • 通話明細:月額100円
  • 転送通話:無料
  • 10分電話かけ放題オプション:月額880円⇒通話アプリ「いつでも電話」からの発信で1回あたり10分以内の通話であればなんどでも通話料無料。
  • Wi-Fiオプション:月額200円(最大2ヶ月無料)
  • ウィルスバスターオプション マルチデバイス版:月額420円(初月無料)⇒最大3台までインストール可能。
  • LINE MUSICオプション:月額750円
  • フィルタリングオプション:無料
  • 端末補償:月額450円⇒LINEモバイルで購入した端末の修理保証
  • 持込端末補償:月額500円⇒自分で端末を用意した場合の修理保証

今後のLINEモバイルについて

冒頭でも軽く触れましたがLINEモバイルは当初、株式会社LINEの子会社として発足したのですが、2018年3月にソフトバンクと業務提携を結びました。

それにより2018年夏からソフトバンク回線も利用できるようになるということです。

また、サービスも大きく変化する可能性があるので注視したいところです。

-その他

© 2021 にゅーすふりー! Powered by AFFINGER5