その他

スマホの選び方

どう選べばいいか?

SNSが大半、その次が動画

〈俺もTwitterとかLINEがだいたいかなぁ〉👱

着目する点

カメラ

カメラに関しては以下の項目に着目すると良いでしょう。

  • 画素数…写真のきめ細かさを表す数字です。この数字が大きければ大きいほど写真はよりキレイに撮れるということになります。
    今のスマホはメインカメラといってディスプレイの裏側のカメラとディスプレイ側についているサブカメラの2つがあります。
    現在のところメインが1,300万画素、サブが500万画素が標準的です。
  • 広角…写真を撮るときに広く(角度が大きく)撮れること。これにより、自撮り撮影のときでも大人数で撮影が可能。
  • F値…カメラが取り込める光の量を指します。この値が小さいほど暗い場所でも多くの光が取り込めて、ぶれにくいので暗い場所でもはっきり撮れます。
  • カメラモード…簡単に雰囲気のある写真が簡単に撮れます。これも機種によって色んな演出があります。

②バッテリー

スマホ本体が電源につなげずにどれだけ電池が持つかの目安です。

一般的には3000mhAあれば大容量と言われますが、バッテリーに関しては

本体の大きさや入れているアプリによって大きく変わってきます。

またSHARPのように液晶に省エネ技術を搭載し、電池の持ちが長くなっている機種もあります。

ディスプレイ

画面の大きさです。今は5.0インチを境としてわかれます。

ニュースや電子書籍、動画を楽しむ人は大画面が良いでしょう。

とはいえ、画面が大きいと操作がしにくくなったり、操作中に誤って落としたりする危険性も高くなります。

また、解像度も重要な項目です。

解像度が高いと画面がキレイに見えます。

処理能力

・RAM
・ROM
・CPU
というのがあってそれぞれを勉学に励んでいる学生に例えると

RAM…机
ROM…引き出しや本棚
CPU…学生

というものになります。海外メーカーなどの機種はさらにCPUには数と速さがあって

海外メーカーのCPUは数が8個で日本の機種は6個のものが多いです。

クロック数という数値が早ければ早いほど処理が速いです。

ハイレゾ音源対応や独自のサウンドシステムにを搭載しているものがあります。

その他には
・防水・防塵対応
最近では水で洗えるスマホなんかもあったりします。

・耐衝撃

・おサイフケータイ対応

・ワンセグ・フルセグ対応

なども評価基準になってきます。

スマホで何するの?

さて、これまで見てきたようにあれもこれも着目点があるとなにが何だか分からなくなってくると思います。

そんな時は「スマホで何をするのか?」「何をしたいか?」を基準で選べば良いでしょう。

例えば、ゲームを沢山したい人であれば処理能力が高く、画面大きいほうがより楽しめるでしょう。

逆にSNS中心であればさほど処理能力は高くなくて良いと思います。

強いて言うなら解像度が高い、もしくは投稿が多いのならF値が小さく、カメラモードが充実している機種がいいでしょう。

また、外で作業する人なら防水・防塵で耐衝撃があったほうがよいでしょう。

 

各社、色んな努力で素晴らしい機種を出しています。コスパで選ぶのも一つだと思います。

 

-その他

© 2021 にゅーすふりー! Powered by AFFINGER5