その他

エキサイトモバイルについて詳しく解説してみました

エキサイトモバイルは

「使った分だけ料金が発生する」

という従量制プランを採用している数少ない格安SIM会社の一つです。そのためまた、家族でデータを分け合えたり、セキュリティサービスも豊富なため、家族向けの格安SIMと言えます。

この記事ではエキサイトモバイルについて詳しく解説していきます。

エキサイトモバイルって?

エキサイトモバイルと言えば

伊藤忠商事の関連会社です。

料金プラン

エキサイトモバイルの特徴と言えば何といっても料金プランにあります。

データを使った分だけ料金がプラスされる「最適料金プラン」です。

こういったプランを従量制と言いますが従量制プランを採用している格安SIMは多くありません。

また採用していたとしても少ないデータ量しか適用していないなど使い勝手が悪いです。

月によってデータの使用量が変わる人にはエキサイトモバイルがおすすめです。

なお、最適料金プラン以外にも月に一定量のデータが利用出来る定額プランもありますが人気なのは最適料金プランになります。

最適料金プラン

高速データ通信量
(月あたり)
コース
1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500 円(税抜) --
100MB -- 1,050 円(税抜)
500MB 630 円(税抜) 1,100 円(税抜)
1GB 660 円(税抜) 1,180 円(税抜)
2GB 770 円(税抜) 1,340 円(税抜)
3GB 880 円(税抜) 1,550 円(税抜)
4GB 1,150 円(税抜) 1,780 円(税抜)
5GB 1,450 円(税抜) 1,890 円(税抜)
6GB 1,600 円(税抜) 1,950 円(税抜)
7GB 1,900 円(税抜) 2,100 円(税抜)
8GB 2,120 円(税抜) 2,190 円(税抜)
9GB 2,200 円(税抜) 2,380 円(税抜)
10GB 2,380 円(税抜) 2,540 円(税抜)
11GB -- 2,830 円(税抜)
12GB -- 3,100 円(税抜)
13GB -- 3,450 円(税抜)
14GB -- 3,790 円(税抜)
15GB -- 3,980 円(税抜)

定額プラン

高速データ通信量
(月あたり)
コース
1枚コース 3枚コース
0MB 650 円(税抜) 1,100 円(税抜)
1GB 670 円(税抜) 1,260 円(税抜)
2GB 770 円(税抜) 1,450 円(税抜)
3GB 900 円(税抜) 1,680 円(税抜)
4GB 1,170 円(税抜) 1,980 円(税抜)
9GB 2,250 円(税抜) 2,460 円(税抜)
20GB 3,980 円(税抜) 4,480 円(税抜)
30GB 5,980 円(税抜) 6,580 円(税抜)
40GB 7,980 円(税抜) 8,580 円(税抜)
50GB 10,180 円(税抜) 10,680 円(税抜)

表を見ると分かりますが、エキサイトモバイルではSIMカードが1枚コースと3枚コースの2つあります。

もし、2枚だけ使いたい場合であれば1枚コースを2つ契約するか、3枚コースで1枚余らせるかどちらかになりますが、おススメは3枚コースです。

理由としてはデータ使用量が多くなると1枚コースの複数契約だと料金が高くなってしまうからです。

ただ一点注意があって名義をバラバラにしたい場合は1枚コースになります。

エキサイトモバイルのオプション

エキサイトモバイルのオプションの特徴と言えば、セキュリティが充実しているということです。

  • 割り込み着信
  • 転送着信。別途の申込みは不要。要設定。
  • 迷惑電話ストップ。別途の申込みは不要。要設定。
  • 遠隔操作
  • ウィルスバスターモバイル月額版:250円
    ⇒不正アプリ対策だけでなく有害サイト規制、迷惑SMS対策
    ⇒紛失・盗難にあってもパソコンからスマホをリモート操作
    ⇒クラウド技術
  • Smart Checker(Mypermission):350円
    ⇒SNSと連携中のアプリとスマホ内の個人情報にアクセスしているアプリをまとめて管理し、意図しない連携を行うアプリがあった場合、本来なら面倒なアプリ連携解除をワンタッチで行える。
  • i-フィルター for マルチデバイス:360円(最大2ヶ月無料)
  • トビラフォン for Android
    ⇒データベースを照会して危険な電話を拒否出来る。
  • AOS Cloud:500円(最大2ヶ月無料)
  • スマート留守電:290円(最大2ヶ月無料)
    ⇒従来の留守電に加え、伝言メッセージを自動で文字に変換して読めるようにする
  • タブホ:500円(最大2ヶ月無料)
    ⇒200誌、600冊以上の雑誌が読み放題。

エキサイトモバイルでの取り扱い端末

 

ZenFone 5
HUAWEI nova lite 2
AQUOS sense lite SH-M05
ZenFone 4 MAX
ZenFone 4 selfie
HUAWEI Mate 10 Pro
ZenFone 4 Selfie Pro
ZenFone 4
arrows M04
GRAND X LTE
NuAns NEO [Reloaded]
HUAWEI P10 Plus
GRANBEAT

エキサイトモバイルの注意点

以上、エキサイトモバイルのオススメポイントについて解説してきましたが注意点もあります。

最適料金プランは使い過ぎに注意が必要

最適料金プランは使った分だけ料金が加算されるために無駄なデータ容量の契約をしなくても良いと言うのがメリットであると言いました。

しかし、このことは逆に言うと使い過ぎてしまった場合でもブレーキがかからないということです。

例えば、子どもに持たせたとして動画を見過ぎてしまった場合に料金がかさんでしまうという危険性があります。

こういった心配がある場合は低速モードにしておくとよいでしょう。

エキサイトモバイルではマイページで高速・低速の切替が出来ます。

バースト機能があるものの、3日間で366MB以上使うとさらに制限がかかる

エキサイトモバイルでは低速時においてもバースト機能というのがあります。

これはインターネットに接続した際に最初の数秒だけ高速データで読み込むこというものです。

動画などはなかなか太刀打ちできないですがニュースサイトや文章中心のSNSくらいであれば快適に利用することができます。

しかし、それでも3日間で366MB以上のデータを使用してしまうとさらに制限がかかってしまいます。

そうなるとニュースサイトやSNSも読み込みが遅くなってしまいます。

通話に関して安くなるサービスがない

通話料は国内通話であれば30秒につき20円になります。

格安SIMでは会社によってオプションで通話が安くなるプランを用意していますが

エキサイトモバイルにはそういったものはありません。

ただし、通話に関して言えばLINEに代表される無料通話アプリがあるためそれでカバー出来ます。

どうしても「0×0~」番号の通話が多い人でエキサイトモバイルを利用したい場合は「楽天でんわ」などのアプリを使うと通話料が半額にすることが出来ます。

エキサイトモバイルがオススメな人

家族連れ

使用した分だけ料金が加算されることによる節約効果は家族で利用することでさらに高まります。

さらにSIMカードを追加することで最大5回線まで持つことが出来るというのも家族で利用する人向けである点と言えます。

未成年(保護者の観点で)

i-フィルターで有害サイトのアクセスを防止。年齢に合わせて制限がかけられます。

またウィルスバスターでセキュリティがアップします。

高齢者

未成年と同じく有害サイトへのアクセスが防げることに加え、詐欺電話対策も出来るためです。

-その他

© 2021 にゅーすふりー! Powered by AFFINGER5