その他

三大キャリアの特徴

日本では長らくの間、携帯電話と言えばドコモ・au・ソフトバンクの3社がほとんどのシェアを占めるというものでした。

そうしてその3社で競争が行われてきました。

そのおかげで3社とも電波の改善や通信サービスだけではないサービスの提供も始まりました。

また、ショップの展開が広がり、地方の人も携帯の契約が出来るようになりました。

しかし、その競争が過熱化して互いにシェアの奪いどりが激しくなりました。

その中で、同じ会社を長期使い続けるより、会社を乗り換えて新しく契約し直したほうが

安くなったり、

キャッシュバックなどのキャンペーンを受けるために

不要なオプションやプリペイド携帯や体組成計を契約させられるなどの

問題が出てきました。

また、ライトユーザーもヘビーユーザーも同じ料金プランしか選べずに、

高い料金を払い続けなければならないなどの不満も出てきました。

そういったことが背景にライトユーザー向けにも安く使えるように

格安スマホが登場してきました。

そうして最近ではネットなどのヘビーユーザーにも対応できるようなサービスも出てきました。

とは言え、今でも三大キャリアを使うメリットはもちろんあります。

ここでは改めて三大キャリアについて見ていきましょう。

ドコモ

日本最大手の携帯通信会社であり、
今でも利用者数ナンバーワン。
家族でまとめて使うとお得になるプランが多い。
契約によっては家族でまとめて利用するとトップクラスに安くなります。
また、dポイントで色々お買い物できる。

au

色々な通信会社が統合して出来た携帯通信会社。
現在は「ライフデザイン構想」というのがあって、携帯電話以外にほけんや電子ショップなどを展開。
サービスの利用にはau WALLETポイントというものが介在する。

ソフトバンク

3大きゃりの中では後発会社。
しかし、色んなキャンペーンやサービスを次々と投入してシェアを拡げていきました。
短期のキャンペーンは強いモノが多い。
ただ、長期的には特に強いキャンペーン無し。

3キャリア共通のメリット

カケ放題のプランあり

24時間電話がかけ放題のプランが用意されています。このあたりはまだ格安スマホにはないサービスなので
携帯番号による電話が多い(仕事などで使う)方にはメリットとなります。
一方、最近ではLINEなどの無料通話アプリなども出てきているのでこういったものを駆使できれば
さほどメリットとはなりません。

サポートが厚い

3大キャリアが自社のショップを多数展開しています。何かあったときに問い合わせが出来るところがメリットです。
しかし、一方で最近ではその際に不必要なオプションやサービスを勧められるケースが増えてきています。

スマホ以外のサービスと重ね合わせて考えるとお得に

auに代表されるように3大キャリアは現在、携帯電話のサービスに紐づけたサービスを展開しています。
これらをうまく組み合わせるとポイント還元などが大幅に見込めます。

3キャリアの共通のデメリット

料金が高い

やはり一番のネックは料金になってきます。ドコモのように家族でシェアすることで安く使える料金プランも登場していますが
それでも格安スマホにはなかなか及ばないところがあります。また、一般的には機種代も高いです。

契約時に不必要なオプションに入らされることがある。

かなり規制はされつつありますが、やはり今でもキャンペーンの名目でオプション加入を迫られることがあります。
また、料金の見直しなどで相談にいったところ、タブレットを勧められるなどのケースもあります。

カウントフリーが無い

これは3大キャリアには無く、格安スマホ会社にはあるサービスで
特定のウェブサービスやアプリの利用の際に使用するデータの通信量をカウントしないというものです。
しかし、注意が必要で会社によってカウントフリーが無かったり、
自分が利用しないサービスがカウントフリーになっている場合もあります。

まとめ

3大キャリアにこだわって利用するメリットとしてはやはり電話かけ放題になるかと思います。
しかし、そこにこだわりがない人であれば積極的に格安スマホにかえたほうがよいでしょう。

-その他

© 2021 にゅーすふりー! Powered by AFFINGER5